平成16年度河川愛護モニターレポート

松田モニター
河川地図
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月

レポート
7月 7月18日 9:30〜12:40
新聞にLOVE遊-淀川キャンペーン上流クリーン作戦2004淀川河川公園枚方地区河川清掃に参加させていただきました。往復とも自転車で行きました。参加してみると大勢の家族連れが河川敷の清掃に精を出してがんばっておられ大変感動しました。 帰路、アルミ缶回収しながら河川敷が良く整備されているのに大変感動しました。 7月8日産経新聞朝刊の記事に、飼いネコが高槻市大塚の淀川大橋東側の「ひらかた水辺公園」で、簡易トイレ下の空間から出られなくなって大がかりな救出劇が繰り広げられやっとの思いで救出された。との事で関係者の方は大変お疲れだったと思います。
点線

8月 快晴、秋晴れというかまだ残暑が厳しい日々が続いています。今年は台風の発生数、集中豪雨等で各地で災害が非常に発生しています。
淀川・大和川スーパー堤防広報誌【レビイ・ユーユー】の記事の中で住民側も危機管理意識を高めることを忘れてはいけない。日頃から浸水の危険性を認識し、洪水に備えることが望ましい。その参考となるのが「洪水ハザードマップ」だ。とありますが、摂津市周辺の「洪水ハザードマップ」等の資料とスーパー堤防の資料もよろしくお願いします。
点線

9月 9月26日午後5時〜
先日はスーパー堤防、月刊「ポータル」資料を持参していただきありがとうございました。特に、月刊「ポータル」誌は特集 川のごみ問題2004「街や水辺に氾濫するプラスチックごみを追う」は私自身「 摂津市廃棄物等減量推進員」関係上、非常に感心をもって拝読させていただきました。
気持ちの良い風がふき通称「スリバチ公園」まで孫と近所の小学3年生と自転車で散策に行く途中に、バイクの2人乗りが行き交いスピードもだして小さい子供さんが遊んでいるのに通りすがって行き、また、川辺に近い河川敷では一人の中年男性がゴルフの練習をしていた。そんなに人はいないので危険度は低いと思うが河川敷でのマナーを向上してほしいと思う。
点線

10月 淀川右岸摂津市鳥飼和道1丁目付近

堤防側道を走行中、除草された後に空缶、ペットボトル等のゴミが、相変わらず投棄されていて命を守る堤防が不法投棄場所になっているのには美観上困った問題です。
又、淀川右岸(鳥飼大橋)〜(淀川新橋)間の堤防側道の道幅が狭く住宅等が密集して緊急時には、大型車両等の通行は可能なのか?
堤防から住宅地までの建設禁止規制の区域が有るのでしょうか?

10月2日「緊急防災フォーラム〜多発する水害。あなたの地域は安全だと思いますか?」(大阪市中央区のヴィアーレホールで開かれた)の中で宮本氏(近畿地方整備局河川部長)の発言で「洪水、氾濫を前提とした街づくりを」と有りますが、具体的にはどういう街づくりを意味するのでしょうか?
点線

11月 12月22日 午後2時35分〜午後3時45分
師走にはいっても暖冬が続きやっと冬至をむかえてやっと冬らしい気候になって堤防上も冷たい風が吹くようになりました。
淀川右岸19.0km(河原樋門付近)〜19.8km(五久樋門付近)間の堤防が他の堤防と傾斜にちがいがあります。今後他の堤防も傾斜を緩やかにする工事を予定しているのでしょうか。
淀川右岸18.9km(河原樋門より少し下流付近)堤防上川表で廃棄自転車をブルーシートを掛けて廃棄置場になって放置されている。
それと対岸の淀川左岸、川岸にブルーシート群が目につくが安全対策上何か対策をとってほしいと思う。
点線

12月 年末の急な冷え込みで暖冬といわれてましたが、大晦日の午前中には大阪では珍しい雪も降り寒い年末年始となった。
この日は、気温も上がって穏やかな気候になり淀川河川公園、鳥飼上地区では人々がサッカー、テニス、凧揚げ、芝生広場では親子連れや高齢者は、ジョギング、散歩と楽しい光景が目にとびこんで来る。
堤防、表斜面上に200m間隔に石基に大阪湾より19kmと表示が有りその石基に「淀川」と刻まれて、書者の名前がプレート板に記入されて感心しました。
後で気が付きましたが、この日は淀川河川公園事務所は年末年始休日期間でテニスコート、サッカー場が利用されていましたが、許可を受けて利用しているのか疑問に思いました。
点線

1月 2月11日11時10分〜
建国記念日の午前中久しぶりに自転車で快走中、鳥飼サービスセンターの前の河川敷に、10台位の乗用車が駐車してあってすぐ近くの管理棟の方に聞くと「あまり注意もできないです」との返事で近くには専用の駐車場が有り数台しか駐車していなくてどうして注意しないのか疑問に思いました。
すぐに巡回のパトロールカーがテープで啓発アナウンスを流していましたが効果は有るのですか。
点線

2月 淀川右岸河川敷 17.4km付近 すりばち公園(鳥飼西地区)のトイレ付近にバッテリーが10個ほど不法投棄されている。
淀川右岸河川敷 17.6km付近 「ゴルフ練習禁止」と看板が有るのに男性1名がゴルフの練習をしていた。
淀川右岸堤防川裏 18.2km付近 自転車の不法投棄1台有り
淀川右岸河川敷 高水敷 19.2km付近 バッテリー1台有り
点線

3月 淀川右岸鳥飼中河川敷公園内(19.6km付近)に公園全体完成予想図が有りましたがいつ頃完成予定ですか。
障害者用のトイレが設置されていますが利用状況はいかがですか。
新聞紙面に外来魚急増淀川ピンチブルーギル10年前の40倍に淀川の生態系の激的な変化にどう対応されますか。
点線

4月 摂津市社会福祉協議会主催「歩け歩け大会」に参加しました。
参加者の中には高齢者の方も多数参加されてお話を伺うと1週間に2〜3回河川敷を散歩する。堤防の階段に手摺りがあれば楽なのにと言っていました。
今回、多数の参加者があり小1の女子がトイレに行きたくて女子トイレが詰まって困っていました。
私は6才の孫と参加して途中2km位で屋根付きと丸太の腰掛けの休憩場には助かりました。
その後、水辺沿いに歩きましたが、川面はペットボトル、空缶、レジ袋等が浮いて川に親しむ状況では無い。
多くの人は、野球や散策を楽しんで人の目は「河」に向いていないと思いながら1周12km弱のコースを歩き終わりました。
点線

5月 新緑の爽やかな季節となり野鳥も飛び回って人々も、バーベキューとか野球、テニス、サッカー、ウオーキング等に親しんで、友達、家族、アベックと楽しく休日を過ごしていますが、スリバチ公園とトイレ付近にバッテリーが不法投棄されて山積になっています。バッテリーは自治体の廃品回収品目に入っていなく、バッテリー液が流れ出すと幼児などがさわると危険ですので早く撤去していただきたいと思います。
河川敷に、行為にしかも悪質な不法投棄に対してはこれからも断固とした態度でお願いします。(私も摂津市廃棄物等減量推進員しています)
この様な河川敷で初老の方が草刈りに勢を出している姿をみて(たぶん奉仕活動だと思います)感心しました。
点線

6月 先日、すりばち公園のトイレ付近にあったバッテリーを撤去して頂き感謝しています。しかし、またバッテリーが不法投棄されていました。その近くで若い人が、数人バイクの修理をしていました。昨年の12月に自転車を、撤去した後にもビニールシートをかぶせて不法投棄してありました。こういう事が再々起きないように何か手だてはないでしょうか?
鳥飼仁和寺大橋下流の河川敷で野犬10数匹を確認した。(人間には危害をおよぼさない)
淀川河川敷における再々の不法投棄問題は言い変えれば社会ルールの問題でも有ると思います。
この1年間、淀川の水につかる事がなかった。川を愛する事とは川に対して関心を持つ。その為に、日常生活において川にどの様にして向きあうか、川(自然)そのものに対して
川に親しむために水辺の空間利用を今後とも検討して下さい。
川の中で遊ぶ、学ぶ、感じる、こういう体験ができれば、淀川にもっと親しみ、思い出が
残ると思います。

川はゴミ箱ではない!


menu   menu  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)