淀川水系のダム

 

ダムは治水の面から見た場合は、大雨で増水した水を一時的に蓄えておくという効果があります。また利水の面から見た場合でも、雨が降ったときに水を蓄えておくことができるため、効果の高い施設であるといえます。

しかしダムをつくるには、ダムをつくる周辺の地域が水没するため、そこに暮らす人たちが移転をしなければなりません。

またダムができると水を貯めてコントロールするため、川の水位や量の変化が少なくなり、河川環境が大きく変化することも事実です。

区切り線

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)