水害に強い地域づくり協議会


トップ学習ツール> 氾濫シミュレーション3次元CG動画


水害学習ツール

氾濫シミュレーション3次元CG動画

 氾濫シミュレーション結果をもとに、堤防が決壊した場合の状況を3次元CG動画で表現しており、 氾濫水の流速、到達時間、浸水深上昇速度が疑似体験出来ます。
※概ね200年に1回程度起こる大雨(2日間の総雨量300mmで昭和28年9月台風13号の250mmの1.2倍)による洪水を想定

CGイメージ

ダウンロード

◆氾濫シミュレーション3次元CG動画  

    ○人目線でみたイメージ
      木津川左岸 wmvファイル(68.0MB)
      淀川右岸(JR新大阪駅) wmvファイル(1.7MB)
      淀川右岸(高槻市役所) wmvファイル(1.8MB)
      淀川左岸(JR大阪駅) wmvファイル(1.6MB)
      淀川左岸(京阪守口市駅) wmvファイル(1.5MB)
      淀川左岸(中振交差点) wmvファイル(1.6MB)

これらのビデオを見るには、Windows Media Player が必要です。以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/default.aspxWindows Media Player の入手

注意

(1)氾濫シミュレーションは、淀川流域におおよそ200年に1回の雨が降っている状況で、堤防が決壊した場合を想定しています。
(2)人目線でみたイメージは、表現上氾濫水の流れが分かりやすいように、水面を波立たせたり時間を短縮しているため、実際より流れ
  が速く見えます。
(3)この3次元CG動画の水の流れは、対象地点からの氾濫で想定される浸水状況を、シミュレーション結果をもとに表現したもので別の
  地点が氾濫した場合は、流れの向きや速さ、浸水深が異なります。

サイトへのご意見・ご感想