水害に強い地域づくり協議会
水害に強い地域づくり協議会の趣旨説明これまでに開催された協議会の報告と今後の活動予定住民勉強会の内容紹介とこれまでに開催された勉強会の紹介水害学習に活用できるツールの紹介とダウンロード地域での水害に関する住民勉強会開催のお問合わせ・お申込み

トップ> 協議会について
水害に強い地域づくり協議会とは

 いかなる洪水に対しても氾濫被害をできる限り最小化するため、施設能力を上回る洪水の発生を想定し危機管理体制を構築・強化する必要があります。
  このため、河川管理者、自治体、住民等から構成される「水害に強い地域づくり協議会」を設置し、関係者の連携のもと

  @自分で守る(情報伝達、避難体制整備)
  Aみんなで守る(水防活動、河川管理施設運用)
  B地域で守る(まちづくり、地域整備)

の観点から、危機管理施策を検討して実施することが重要です。
「水害に強い地域づくり協議会」は、首長会議、行政ワーキング、住民会議から構成され、各々の中で、また互いに連携しながら水害に対する備えを行っていく協議会です。

位置づけ

淀川の洪水記録

 
協議会の仕組

sanka

協議会の地図


淀川水系浸水想定区域図について