淀川水系整備計画策定に向けて
た行

13.地下貯留施設(ちかちょりゅうしせつ)

 森林や台地などは降った雨を地面にしみ込ませ、水田地帯は雨や洪水の自然のたまり場として河川の洪水を少なくするという大きな役割を持っています。しかし、都市への人口・産業・資産の集中や流域における宅地開発によりアスファルトやコンクリートに覆われた街となり、森林や水田・ため池などの保水機能・遊水機能が大幅に低下し、雨が降ってから短時間で洪水が起こるようになりました。
 この問題の対策としての対策地下貯留施設は、雨水を一時的に地下トンネル等に貯留する施設であり、一気に川などへ雨水が流れ出ることを防ぐことが出来ます。
イラスト
写真
写真
【50音順インデックスに戻る】

14.治水安全度(ちすいあんぜんど)

 河川の氾濫が起こらない程度をいいます。
 一般には、ダムや遊水地と河道を合わせて、安全に処理できる
降雨確率(○○年に一度起こりうる降雨)や流量確立(○○年に一度起こりうる流量)で表現します。
【50音順インデックスに戻る】

15.治水強化(ちすいきょうか)

 既設ダムを以下の手法等を用いて見直すことを「治水強化」と称しています。
     
  • 嵩上げ等のダムの再開発
  •  
  • 堆砂容量の活用
  •  
  • 水路等によるダム群連携
  •  
  • 放流操作方式の変更
  •  
  • 利水容量の振り替えなどがあります。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

16.沖積平野(ちゅうせきへいや)

 平野は、扇状地と同様に、川が運んできた粒径の小さな砂、シルトや粘土が浅い海に堆積して出来上がりました。
 沖積平野は平野の一種で、形成年代は最後の氷河期(ヴュルム氷期、約七万年前から一万年前の間)に海面が低下してから、縄文時代の海進(海水面が上昇して海が陸上に侵入してくること)を経て現在までの間でおおよそ二万年前から現在までに出来た平野をいいます。
構造イラスト
【50音順インデックスに戻る】

17.超過洪水対策(ちょうかこうずいたいさく)

 治水事業は、一定限度の規模の洪水を対象とし、その氾濫の防止に必要な計画を定め、これに基づき河川工事を実施するという方法により進められています。しかしながら、洪水は自然現象である降雨に起因するものである以上、きわめて規模の大きな洪水、すなわち、計画の規模を上回る洪水が発生する可能性が常に存在しています。そのような洪水を超過洪水と称しています。
 そのような現象に対する施策の事例としては高規格堤防の整備や、堤防背後地の土地利用の規制、誘導があります。また避難路の記載してある洪水ハザードマップなどによる情報の周知徹底に努めることも対策の一つにあげられます。
【50音順インデックスに戻る】

18.貯水池運用(ちょすいちうんよう)

 多目的ダムは、限られた貯水池の容量を有効かつ効率的に使われています。
 ダムの貯水池は、洪水調節、水道用水の供給などの用途別に標高及び容量を定めて利用されています。
 台風など雨の多い時期(出水期)は治水容量を多くして洪水の調節を行い、雨の少ない時期(非出水期)には、利水容量を多くして水道用水などの確保や、発電に利用します。
 このような、効率的な貯水池の利用方法を「貯水池運用」といい、多目的ダムの大きなメリットのひとつです。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

19.貯留(ちょりゅう)

 ダムや遊水地などの施設に水を貯めることを貯留と言います。
洪水時などにダムに水を貯める場合や遊水地に水を貯める場合などに使用します。
 同様に、湛水も水を貯めることですが、特にダムに関して使用され、水が貯まっている状態や範囲を表現する言葉として多く使用されています。
  例 湛水面積
     湛水区域
     試験湛水
【50音順インデックスに戻る】

20.貯留機能(ちょりゅうきのう)

 森林や雑木林などは降った雨を地面にしみ込ませ、水田地帯は雨や洪水の自然のたまり場として河川の洪水を少なくするという大きな役割を持っています。しかし、都市への人口、産業、資産の集中や流域における開発により、森林や水田・ため池などの保水機能・遊水機能が大幅に低下し、雨が降ってから短時間で洪水が起こるようになりました。
アスファルトやコンクリートに覆われた街では、降った雨はしみこむ場所や自然のたまり場を失い、溢れやすくなってしまいました。
 降った雨水がすぐに川に流れ出さないよう、地域で一時的に溜める機能が貯留機能です。貯留機能を持つものの例として、水田、グランド貯留、防災調整池、ため池などがあげられます。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

21.貯留施設(ちょりゅうしせつ)

 森林や台地などは降った雨を地面にしみ込ませ、水田地帯は雨や洪水の自然のたまり場として河川の洪水を少なくするという大きな役割を持っています。しかし、都市への人口、産業、資産の集中や流域における開発により、森林や水田・ため池などの保水機能・遊水機能が大幅に低下し、雨が降ってから短時間で洪水が起こるようになりました。
 アスファルトやコンクリートに覆われた街では、降った雨はしみこむ場所を失い、溢れやすくなってしまいました。このため、雨水を一時的に貯留することにより、一気に川などへ雨水が流れ出ることを防ぐ施設のことです。
写真とイラスト
【50音順インデックスに戻る】

22.2サイクルエンジン(つーさいくるえんじん)

 2ストロークエンジンともいいます。
 「サイクル」とは「周期」を意味します。
 エンジンは「吸入」「圧縮」「燃焼(爆発)」「排気」を繰り返して回転しますが、エンジンが1回転(2ストローク)する間に吸入・圧縮・燃焼・排気のサイクルが完了するエンジンを2サイクルエンジンといい、2回転(4ストローク)する間に1サイクルが完了するものを4サイクルエンジンといいます。
 2サイクルエンジンは構造が単純なため、軽量化が可能でメンテナンスが容易などのメリットがありますが、排気ガスに有害物質が多く含まれることから、上水場取水口のある河川においては、2サイクルエンジンを使用した水上バイクによる水質汚染が昨今問題となっています。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

23.通水(つうすい)

 旧河川から放水路へ河道を切り替えて水を通すことを通水といいます。草津川では、工事中、旧河川を流れている水が放水路に流れないよう締め切りをしておき、旧河川から新河川へ河道を切り替える際、その締め切りをはずして放水路へ水を流しました。
写真
【50音順インデックスに戻る】

24.堤外民有地(ていがいみんゆうち)

堤外の高水敷等に存在する民有地のことをいいます。
【50音順インデックスに戻る】

25.底質(ていしつ)

海・湖沼・河川などの底を構成している堆積物のことです。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

  back  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)