淀川水系整備計画策定に向けて
た行

1.ダイオキシン(だいおきしん)

 ポリクロロジベンゾジオキシン(PCDD)の俗称、また特にその中の 2・3・7・8-テトラクロロジベンゾパラジオキシン(TCDD)C12H4O2Cl4のこと。毒性が強く分解されにくい化合物で、皮膚・内臓障害を起こし、催奇形性・発ガン性があるものが少なくない。
 環境省は、これまで環境基準のなかった海底や川底の泥に含まれるダイオキシン類について、新たに環境基準値を設け、許容濃度を泥など1g 当たり150pg(ピコグラム。1 兆分の1g)以下としています。
 また、水質についても以前から水1g 当たり1pg(ピコグラム。1兆分の1g)以下の基準を設けています。
構造図
(出典:京浜河川事務所ホームページ)
【50音順インデックスに戻る】

2.堆積土砂(堆砂)(たいせきどしゃ(たいさ))

 河川の流水によって運ばれてきた土砂等が、流速が遅くなることにより、沈降堆積する事を言い、局所的に土砂が堆砂することにより、河川管理上支障となる場合があります。
除去前と除去後の写真
【50音順インデックスに戻る】

3.台地(だいち)

表面が平坦で周囲より一段と高い台状の地形をいいます。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

4.大腸菌群数(だいちょうきんぐんすう)

 大腸菌群数は、大腸菌及び大腸菌と性質が似ている細菌の数のことをいい、水中の大腸菌群数は、し尿汚染の指標として使われています。大腸菌群数は、検水1ml中の個数(正確には培養後のコロニー数)または、検水100ml中の最確数(MPN)で表します。試料の連続した希釈4段階を5本ずつBGLB醗酵管に植種し、35〜37℃、48±3時間培養します。ガス発生を認めたものを大腸菌群陽性管とし、各試料量における陽性管数を求め、これから100ml中の最確数を最確数表を用いて算出します。大腸菌群数の生活環境の保全に関する環境基準値は、河川は類型別に定められてAA類型での50MPN/100ml以下〜B類型5000MPN/100ml以下、湖沼はAA類型50MPN/100ml以下〜A類型1000MPN/100ml、海域A類型1000MPN/100ml以下となっています。 (出典:EICネットホームページ)
【50音順インデックスに戻る】

5.滞留(たいりゅう)

 滞留とは、一般に同じ所に留まり続けることを指します。
山間部で降った雨は、川へと流れ出し、海へとたどり着きます。流れていく途中に、湖沼やダム貯水池がなければ途中で留まることなく海へと流下していきます。
 湖沼やダム貯水池では、流れの速度が遅くなるため、流入水が貯水池から出ていくまでの時間が長くなり、結果として貯水池に留まることになります。
【50音順インデックスに戻る】

6.高潮(たかしお)

 高潮とは、台風や強い低気圧に伴って海水面が異常に高くなる現象です。
 台風などの接近に伴って強い風が海岸に向かって吹くと、海水が海岸に吹き寄せられ海面が上昇します。また、強い低気圧では海面が持ち上がり高潮が発生します。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

7.多自然型川づくり(たしぜんがたかわづくり)

 治水上の安全性を確保しつつ、生物の良好な生息・生育環境を保全あるいは復元を目指した川づくりのことです。
事例写真
【50音順インデックスに戻る】

8.たまり

「たまり」とは、平水時において流水域に開口部のないくぼ地状の場所をいいます。本流沿いにあって、水が増えたときなどに水がたまっている一時的水域をいいます。平常時は本川と繋がっていないことから浅瀬を好む魚類の生息等本川とは異なる環境となっています。一方、「ワンド」とは、人工的につくられた水制と水制が土砂等でつながった閉鎖的な水域をいいます。
たまりの写真とイラスト
【50音順インデックスに戻る】

9.ダム水源地域(だむすいげんちいき)

 一般的には、ダムの建設が行われる地域又はその建設によって相当の影響を受ける地域をいいます。ここではダムの集水区域及びその周辺区域で、ダム貯水池の適正な管理を行う上で必要な取り組みを一体として行う必要がある区域をいいます。
【50音順インデックスに戻る】

10.湛水(たんすい)

 ダムや調節池に人為的に水をためること、水がたまることをいいます。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

11.湛水域ワンド(たんすいいきわんど)

 淀川大堰上流は、水が堰き止められて水面に殆ど傾きがありません。堰き止められて出来たこの部分は湛水域といいます。
 この水域は淀川大堰があることで水位が保たれていますので、淀川大堰を動かして水位を変えると当然ながら湛水域全部の水位が変わります。淀川大堰を動かして水位が変わるところにあるワンドを、ここでは湛水域ワンドと言っています。ちなみに淀川大堰の湛水域は枚方大橋付近(枚方市〜高槻市)まであると考えられています。
【50音順インデックスに戻る】

12.地域防災計画(ちいきぼうさいけいかく)

 災害対策基本法に基づいており、住民の生命、財産を災害から守るため、地域内の防災関係機関を網羅して、総合的かつ計画的な防災体制を確立し、防災活動の効果的な実施を図るために、府県・市町村がつくる計画をいいます。
 その内容は主に、災害の未然防止、拡大の防止および災害からの復旧に関する計画が示されています。
図
【50音順インデックスに戻る】

  back  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)