淀川水系整備計画策定に向けて
ま行

1.茨田堤(まんだのつつみ)

写真  茨田堤は、仁徳天皇が築いた日本最古の堤防と言われています。
堤は淀川と古川の間にある、中州状の小高くなった土地(旧茨田郡)を洪水から守るために作った輪中堤のようなものであると考えられています。しかし、茨田堤の確かな場所については、いろいろな説があります。
 堤防工事は非常にむずかしいもので、何度築いても切れてしまう場所が2ヶ所あり、そのために人柱をたてたという説話が「日本書紀」に記されています。
 現在、門真市の堤根神社境内に茨田堤跡の碑を見ることが出来ます。また裏手には、フェンスに囲まれた小高い堤の上に大きなクスノキがあり、これが堤の名残と考えられています。
【50音順インデックスに戻る】

2.水資源開発施設(みずしげんかいはつしせつ)

 河川水を有効活用するための施設には、ダム、貯水池、堰、流況調整河川、導水路などがあり、これらを総称して水資源開発施設といいます。
 我が国は梅雨期や台風期に降雨が集中し、かつ地形が急峻で河川の流路延長が短いため、降雨のうちかなりの部分が利用されないまま海に流出しています。このまま河川に流れている水を取水すれば、瀬切れなどが生じることになります。河川水を農業用水、水道用水や工業用水として利用するためには、ダムなどの水資源開発施設で水を貯めて必要な量を下流へ放流し、効率的に水を利用します。そうすることにより、瀬切れなどが解消されます。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

3.水需要(みずじゅよう)

 社会生活上必要となる水の量です。通常、かんがい、上水道、工業用水等の目的があります。
 水需要に対して安定的な水供給を確保するための具体的な対応策は、水系や地域の状況を踏まえて水需要と水供給の両面から検討します。水需給に関する多様な施策の展開としては、計画的な水資源開発施設の整備、既存施設の有効活用、水源の多様化、節水への対応などがあげられます。
【50音順インデックスに戻る】

4.水需要抑制(みずじゅようよくせい)

 これまでは、自治体等の利水者による水需要予測を積み重ね、不足量をダムや堰等の水資源開発施設の建設により確保してきました。しかし、河川流量はもともと有限であり、取水量に制約があるうえ、ダムや堰等は河川の環境に影響を与えるため、際限なく水資源を開発することはできません。このため、水需要を一定の枠内でバランスさせ、琵琶湖の水位低下を抑制し、河川に豊かな流量を回復させるために、水需要の抑制に取り組むこととしました。
具体的な方策として
  • 水需要の精査確認
  • 水利権の見直しと用途間転用
  • 既存水資源開発施設の再編と運用見直し
  また、身近な節水対策としては下表があります。 イラスト
【50音順インデックスに戻る】

5.水循環系(みずじゅんかんけい)

 一般的に海水が蒸発し雲となり陸地で雨を降らせ、雨水が大地にしみ込み、地下水や河川水になって流れ、さまざまな形で人々に利用されて、再び海に戻る水の循環です。特に、都市域では自然が本来持っている水の循環の経路が、道路の舗装や開発だけでなく上水道や下水道などの給排水施設の影響を大きく受けており、自然系だけではなく人工系も含めた水循環系(システム)として捉えられます。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

6.水物質循環機構(みずぶっしつじゅんかんきこう)

 水と水に溶け込むなどして運ばれる物質の循環のしくみのことです。
 海水が蒸発し雲となり陸地に雨を降らせ、雨水が大地にしみ込み、地下水や河川水になって流れ、さまざまな形で人々に利用されて、再び海に戻る水とその水に運ばれる物質の循環のことですが、特に都市域では自然が本来持っているこの循環の経路が道路の舗装や開発および上水道や下水道などの影響を大きく受けており、自然系だけではなく人工系も含めた循環のしくみとして捉えられます。
イラスト
【50音順インデックスに戻る】

7.水利用の合理化(みずりようのごうりか)

 「水利用の合理化」とは、水を有効に使用して節水を図るものです。
 例えば、上水・工水・農業等の各水利使用において、関係者の相互の理解と合意により用途間をまたがる転用をはじめ、各用途別においても以下のような手法が上げられます。
上水道
各利用者に至るまでの送水ロス(漏水)を下げる。
浄水ロス(蒸発、作業用水の使用)や送水ロスを下げる。
工業用水
各利用者に至るまでの送水ロスを下げる。
各利用者の使用水量の中にしめる循環利用水量の割合を高める。
農業用水
取水位置から受益地までの水路ロスを下げる。
反復利用すること。
(上流の水田にかんがいした用水のうち一部が排水路
に流出したり、土中に浸透した後に排水路に再び浸透
したりした水を下流の水田で再利用する)
【50音順インデックスに戻る】

8.無堤地区(むていちく)

 堤防の築堤が必要な区間で、堤防の整備されていない地区をいいます。
【50音順インデックスに戻る】

9.モニタリング(もにたりんぐ)

「底質」とは、河川、湖沼、海洋等水環境の水底の表層土及び岩盤と、流域から流入した土砂や側溝からの不溶物が沈殿・堆積したものをいいます。陸上の流入物は、人間の生活様式の変化や産業の発達により、有機物や有害物質が高濃度に含まれ、堆積した底質にも大きく環境影響を及ぼします。
 また、「モニタリング」とは、一般的に、特定の地点(定点)で、特定の物質を毎回同じ調査手法で、長期にわたり調査して、その変化を把握することをいいます。 (出典:EICネットホームページ)
写真
<琵琶湖の底質採取状況>
写真
底質採取用具(エクマンバージ採泥器)
【50音順インデックスに戻る】

  back  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)