淀川水系整備計画策定に向けて
か行

27.河川レンジャー(仮称)(かせんれんじゃー)

 淀川水系河川整備計画基礎案においては、「住民との連携・ 協働」をできる限り速やかに実施するものとし、具体的な施策として、地域固有の情報や知識に精通した個人を河川レンジャー(仮称)に任命することとしています。
 河川レンジャーは、行政と住民との間に介在して、河川に係わる環境学習等の文化活動や動植物の保護活動等を実施するとともに、不法投棄の監視や河川利用者への安全指導等の河川管理行為を支援すること等を想定しています。
 このような背景のもとに、淀川河川事務所伏見出張所構内の三栖閘門資料館を活動拠点として、三栖閘門周辺および山科川を対象に、試行的に河川レンジャーを任命し、活動を行い、その試行的活動を通して、河川レンジャーの活動内容 や役割等について、幅広い観点からの意見を反映した検討を行うこととしています。
【50音順インデックスに戻る】

28.渇水調整(かっすいちょうせい)

 水利権は、原則として基準渇水流量を基準として許可されており、これ以上の渇水の場合には取水できない場合が予想されます。この異常な渇水により、河川の流量が減少し、通常どおりの取水が困難になったとき、または困難となる恐れがある場合に、利水者が相互に取水量の調整を行い、被害をできるだけ少なくするよう協議を行うことを渇水調整といいます。この場合、河川管理者は協議が円滑に行われるよう、調整に必要な情報の提供に努めます。
 淀川水系においては、渇水対策もしくは調整会議等と呼ばれる組織が編成されます。また近畿地方整備局では渇水対策本部が設置され、渇水情報を収集すると共に、渇水調整案の作成、広報活動等を実施します。
 淀川における最近の主な渇水は、平成12年、6年、昭和61年、59年、53年、52年、48年に発生しており、渇水調整により取水制限が行われています。

渇水調整を報ずる新聞
【50音順インデックスに戻る】

29.活性炭処理(かっせいたんしょり)

 活性炭処理とは浄水における高度処理の一工程で粉末,粒状の活性炭と水を接触させ,水に含まれる比較的溶けにくい溶解性物質を吸着除去する処理です。
 粒状活性炭は一粒一粒ほぼ砂に等しい大きさですが、目に見えない小さな穴が無数に空いています。(1g当たり1,000m2もの内部表面積)
 水の中に溶け込んでいる臭いの原因となる有機物質やトリハロメタンの原因となる物質などは、この穴の中に取り込まれることによって水中より除去されます。

イラストと写真
【50音順インデックスに戻る】

30.かっとり梁漁(かっとりやなりょう)

 ノボリ梁漁の一種で、琵琶湖では安曇川・石田川・知内川などに設置されています。構造は、川を横切って扇状に杭を打ち、杭にそって土のうを置き、さくを張って上・下流に落差を作るものです。
 このような土のうやさくによって川の流れを中央から両岸に多く流れるようにして、遡上してくる鮎などを両岸にひきよせ、岸に設置したカットリグチという仕掛けで魚を捕らえます。
写真
かっとり梁漁(安曇川南流)
【50音順インデックスに戻る】

31.河道(かどう)

 河川の水が流下する部分のことです。通常は堤防又は河岸と河床とで囲まれた部分を指します。河道のうち、常時流水が流れる部分を「低水路」、高水時のみ流水が流れる部分を「高水敷」と呼びます。

イラスト

【50音順インデックスに戻る】

32.河道掘削(かどうちくっさく)

  河川において水の流れる場所を「流路」と言いますが、そのうち特に洪水を安全に流下させることを意識して計画する流路を「河道」といいます。
 河道掘削とは、河床を掘り下げたり、河岸を掘削することをいいます。

イラスト

【50音順インデックスに戻る】

33.河畔地区(かはんちく)

「河畔」とは一般的に「河のほとり」という意味です。淀川河川公園では、主に高規格堤防上の区域を指し、高規格堤防の整備と一体となって公園の整備を行っていくこととしていす。整備された河畔地区は、まちと淀川をつなぐ大きな役割を果たしています。

イラスト

【50音順インデックスに戻る】

34.河畔林(かはんりん)

 堤内の土地に堤防に沿って設置された帯状の樹林で、堤防の治水上の機能を維持し、または増進する効用を有するものをいい、越流時における堤防の安全性の向上、破堤時の堤防破堤部の拡大抑制、洪水氾濫流速の低減等の機能を有する帯状の樹林です。
 河川沿いに繁茂している樹林群は昔から堤防とともに洪水時に水害から、田畑や家屋を防御する(水害防備林)機能をもっていました。
 洪水時にこの様な効果が期待できる樹林については、河畔林として整備、保全します。

写真

【50音順インデックスに戻る】

35.カビ臭(かびしゅう)

 ダム、湖沼、貯水池など停滞水域の富栄養化によって異常繁殖した植物性プランクトンなどから発生する臭気で、その種類と濃度によって、土臭、墨汁臭、木臭にも感じられます。カビ臭の原因となる物質は、一部の植物性プランクトンなどから出るジオスミン、ジメチルイソボルネオール(2-MIB)です。これらは極微量(0.01μg/l)でも嗅覚で感知される物質で墨汁のような臭いがします。
【50音順インデックスに戻る】

36.仮締切(かりしめきり)

 仮締切とは矢板や土などを用いて水を遮断することをいいます。
 一般的な河川内の工事では、水面より低い高さで工事などを行う場合、工事区域に水が入らないように一時的に水を遮断し、ポンプなどで排水して工事をおこないますが、このとき用いられるのが仮締切です。
 なお、工事が完了した後は不要となるため撤去します。

写真

【50音順インデックスに戻る】

37.川表・川裏(かわおもて・かわうら)

 堤防を境にして、水が流れている方を「川表」、住居や農地等がある方を「川裏」と呼びます。
【50音順インデックスに戻る】

38.川が川をつくる(かわがかわをつくる)

 工事で人工的に川を形造るという発想ではなく、自然の力によって川を形成することをいいます。
【50音順インデックスに戻る】

39.川らしい自然環境(かわらしいしぜんかんきょう)

 治水、利水や利用を目的としたこれまでの河川整備により、瀬や淵、水陸移行帯、変化に富んだ河原が減少し、出水時には冠水して水流に洗われていた区域の面積が減少しました。
 その結果、生物の生息・生育環境や景観に変化をもたらしましたが、これに対し、河川が本来有しているべき河川環境を指します。
【50音順インデックスに戻る】

40.勘案(かんあん)

 あれこれと考え合わせることをいいます。
【50音順インデックスに戻る】

41.かんがい

 田畑に水をひいて作物を栽培するために農地をうるおすことをいいます。
【50音順インデックスに戻る】


  back  
淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)