淀川水系整備計画策定に向けて

 平成16年5月8日に公表しました「淀川水系河川整備計画基礎案」の「第5章 具体的な整備内容」に記載した事案について、事案毎に整備内容シートを作成致しました。
 なお、整備内容シートは、現在検討中のもので確定したものではなく、今後検討が進むとともに、随時、変更していくものです。

【河川整備計画基礎案】
 近畿地方整備局では、河川整備計画策定の作業を進めており、これまで、「淀川水系河川整備計画策定に向けての説明資料(第1稿)、(第2稿)」並びに「淀川水系河川整備計画基礎原案」を公表しました。
 淀川水系河川整備計画の策定にあたり同整備計画について流域委員会からのご意見をいただくとともに、住民・関係自治体の皆様からもご意見をいただき、これらを反映した素案づくりにつとめてまいりました。これらの経過を経て、この度「淀川水系河川整備計画基礎案」を策定いたしました。


精微な異様シートについて

1.資料の見方について
具体的な整備内容シートは、索引に記載している番号に対応しています。
索引と照らし合わせながらご確認願います。
なお、シートの見方は下記のとおりとなっております。

具体的な整備内容シートは、索引に記載している番号に対応しています。



2.補足

  1. 基礎案に「検討」のみ記載したものについては、検討内容等についてのみ記載しております。なお、実施段階になった時点で、流域委員会や関係住民、関係地方自治体等の意見を伺ったうえ、決定するものであります。この場合は、「スケジュール」欄に、「実施」は記載しておりません。
  2. 「検討」段階の事案の中には、関係機関との調整が必要なものもあり、検討途中に内容が変わる場合もあります。
  3. 事業費については、現在試算中のものを記載しており、事案によって精粗はさまざまであります。このため、今後の検討状況により変更となります。
  4. 事案によっては、他での実施事例を紹介している場合がありますが、検討の目的やイメージをわかり易くするためであり、事例と同様のものに限定したものではありません。
▲上に戻る


  back  

淀川モバイルネットサイトマッププライバシーポリシーヨドリバーネット(リンク集)